8月15日を迎えて

 戦後、73年を迎え、戦争で犠牲になられたすべての人々に衷心より哀悼の誠を捧げます。8月15日は、戦争のない平和な社会をつくるための誓いを新たにする日です。
 しかし、今、安倍政権は、平和主義に逆行した政策を進めています。集団的自衛権の行使を認め、海外での武力行使をおこなうことなど、いっそうの軍事大国への道に進もうとしています。そのために憲法に自衛隊を明記させるなどの改正の準備をおこなっています。
 憲法の平和主義のもとで、立憲主義を尊重し自由と民主主義が保障される日本をつくるためにも「もりや たかし」は平和な日本をめざしてがんばっていきます。

2018年08月14日